• 2016/6/30

美女流!お仕事図鑑!〜マイクロアドプラス 宗岡由佳〜

企業訪問特集
美女流!お仕事図鑑!〜マイクロアドプラス 宗岡由佳〜
LINEで送る
Pocket

美女流!お仕事図鑑!〜マイクロアドプラス 宗岡由佳〜

 

美女流!お仕事図鑑。

今回は、マイクロアドプラスのチーフアカウントプランナーである宗岡由佳さんにお話をお伺いしたいと思います。

muneoka06

ご経歴を教えて下さい。

立命館大学の国際関係学部を卒業して、2014年にマイクロアドに入社をし、子会社であるマイクロアドプラスに出向しています。

新卒からずっとアカウントプランナーとして、広告主様への改善提案やプロモーション提案をさせていただいておりまして、2016年にチーフアカウントプランナーになってからはチームメンバーの補佐も加わりました。

 

Life/Businessのパーセンテージを教えて下さい。

Life40%:Business60%です。

欲張りなので、本来であればLifeもBusinessも50%にしたいところなのですが、土日もお客様のことを考えると仕事をしてしまいがちなので、Businessの方が多いかなと考えています。

昨年は、本当に仕事中心の生活でした。絶対にMVPをとるという目標を立てていたので、目標のためにも頑張れました。仕事も楽しかったので、プライベートの時間も削って1年間走りきることができました。結果的に、12ヶ月連続達成というギネス記録を出し、全社でMVPをとることができたのですが、このままの生活ですと体調も崩してしまいますし、もう少し女性としてのライフスタイルも充実させたいという気持ちもの方が強かったので、今年に入ってからは、仕事はもちろん、プライベートも大事にして過ごしています。

 

入社したきっかけを教えて下さい。

少し変わった就職活動をしていました。最初は周囲の影響もあって大手企業を受けていて、内定もいただいたのですが、内定者懇親会に参加した際、違和感を抱き、大手企業は合わないのかなと感じました。それから、ベンチャー企業も見てみることにして、マイクロアドに出会いました。

働き方という軸で考えてみてもマイクロアドはすごく自分に合っていると思いましたし、広告業界には正直、興味がなかったのですが、描くビジョンに共感できたのでここで一緒に仕事がしたいと思いました。

ただ、その時点では採用の面接期間が終わっておりまして…ここで諦めたくなかったので、人事に電話をして、自分の思いを全て伝えると取り合ってくれました。

入社前にもマイクロアドの社員と話す機会をいただいたのですが、会う人みんな夢を語れる社員さんばかりだったのでここだなと思って入社しました。

muneoka09

現在の仕事内容を教えて下さい。そして、その仕事はご自身にとってどのような存在ですか?

仕事の内容は、いわゆる提案営業です。

既存のお客様の売上を拡大していくというミッションではありますが、お客様の課題をしっかり汲み取り、どういう広告を打っていくのがいいのか、ベストなプロダクトは何か、どのような広告デザインがいいかを提案させていただいております。

また、チーフという立場なので、プレイヤーとしての勝ちパターンや私の中のノウハウをメンバーに共有し、後輩に伝えていくというのも大事な仕事の1つです。

 

仕事の存在ですが、“仕事”そのものが“自分”だと考えています。というのも、私は自分の人生にコンセプトをつけているんですね。そのコンセプトというのが、『Miss independent』です。私の中のMiss independentは、仕事もプライベートも充実している女性であり、理想像です。仕事をするということは、その理想の女性像に近づけるツールになっています。

 

Miss Independentはどこから生まれたのですか?

Ne-Yoの歌のタイトルです。

Miss Independentという歌のPVに登場する女性がすごくかっこよくて!仕事はもちろん内面もきちんと成熟しながらも、みんなに慕われていて自立していて、そして、プライベートもすごくキラキラしていて本当に素敵な女性です。

小さな頃から、自分がどういう人になりたいか探していたのですが、高校生の頃にこのPVに出会い、こういう女性になりたいとずっと思い続けています。

 

Miss Independentとの出会いも印象的な出来事だと思いますが、他にも印象的だった出来事はありますか?

いくつかあります。その中でも、大学生の頃にした世界一周旅行はとても印象的です。人生は1度きりなので、いろんな国を見ておきたいなと思って飛び出したのですが、一人旅だったので、自由がゆえに自分で判断をしなければならいことが本当にたくさんありました。選択肢が多ければ多いほど戸惑うことがあって、それを取捨選択していくという経験が大学時代にできたというのは本当に良かったなと思います。

tabinojikan

※宗岡さんが旅行中に撮影したセント・マーティン島のお写真。

 

仕事にも繋がっていますか?

大手企業ではなくマイクロアドに入社するという決断ができた点で繋がっています。目標に向けて様々な判断を経て、MVPをとるという目標を遂行できたというところにも繋がっていると思います。

旅中には、色んな発見も、危険なことも本当に多かったので、先ほどお話しした、判断・決断のところは一部ですが、その一部を取り出しても仕事に繋がっていることはたくさんあると実感しています。

muneoka03

仕事術を教えてください。

Miss Independentと言っている割に、自分が今までやってきたのは“人に頼る”ということです。

分からないこともまだまだ多いので、先輩にとにかく頼っています。天狗になるつもりもないですし、一人では結果が出せないということも分かっているので、周囲を巻き込んで、補完させていただいたり、時にはいいとこを盗ませてもらって仕事を進めています。それが仕事術ですね。

 

モチベーションを維持するために心掛けていることを教えて下さい。

モチベーションが下がることはあまりありません。それでも、気持ちが落ち込むことはありまして、その時は、トイレで一人で泣いています。私の場合、涙が浄化してくれるんですよ。敢えて、落ちるみたいなところもあって、落ちたらその後、上がるしかないですからね。

 

プライベートの時間は何をされていますか?

ヨガに行ったり料理をしたりしています。

香水作りやフラワーアレンジメントといったワークショップにも参加するようにしています。

ヨガや料理は基本的には1人でできてしまいますが、ワークショップは参加者たちとコミュニケーションが取れる面白さがあると思っています。仕事ではガツガツしてしまう部分もあるので、女子力向上という意味でもいいですね。

flower

※宗岡さん作のフラワーアレンジメント

 

仕事をすること働くことをどのようにお考えですか?

Miss Independentに繋がるのですが、自分の理想を作り上げる手段だと捉えています。

ただ、お給料をもらうとかボーナスをもらうとか、そういうことには正直興味がなくて、働いた結果、自分が成長できていればいいですし、少しでも自分の理想の女性像に近づくことができるというのが私が仕事で頑張る源になっていると思います。

muneoka08

夢を教えて下さい。

マイクロアドプラスは広告代理店の機能を持っているので、BLADEという自社商品以外もリスティングや、SNS系の媒体も販売させていただいています。ただ、代理店という立ち位置があまり好きじゃないので、媒体を売るだけではなく、“広告企業”になりたいと思っています。広告企業という私の定義が世間一般と違うかもしれませんが、自分の考えたアイディアで勝負したいなと思ってます。例えばクリエイティブであればこういうメッセージの方がターゲットに刺さりますよとか、クライアントが求めるターゲットはここで、ここに課題があって、こういうプロダクトとこういう広告をあてていきましょうといったような、企画提案をはじめとするソリューションを提案できるようになるといいなと思っています。

 

ライフプランを教えてください。

仕事が好きですし、会社のメンバーが本当に大好きです。このメンバー以外の人と働く自分が想像できないぐらいなので、子供を産んでもこの会社に戻ってきて、女性ならではの感性を生かした、細部に気を配ることができる働き方ができればいいなと思っています。

また、マイクロアドプラスにはまだ女性が少なく、女性の営業も5人なので、女性の働き方という部分では、これから作っていかなければいけないなという使命感があります。プライベートも仕事もしっかり充実できるような女性営業のイメージを確立させていき、女性のロールモデルになりたいなと考えています。

 

 

宗岡さんありがとうございました。

やると決めたことはやりきるという宗岡さんがかっこよかったです。

 

マイクロアドプラスさんが気になる方はコチラ

 

 

 

LINEで送る
Pocket