• 2016/4/20

Booking.comの至れり尽くせりなオフィス環境は世界レベル!?

企業訪問特集
Booking.comの至れり尽くせりなオフィス環境は世界レベル!?
LINEで送る
Pocket

Booking.comの至れり尽くせりなオフィス環境は世界レベル!?

 

オンライン宿泊予約サイト世界最大手の「Booking.com(ブッキング・ドットコム)」の日本法人、ブッキング・ドットコム・ジャパンが、2016年1月、大崎ブライトコアに新カスタマーサービスセンターを開設したそうです!

 

山手線をモチーフに構成されているようで…一体、どのようなオフィスになっているのでしょうか!

b44

カスタマーサービス マネージャーのJorge Alvarezさんと松本あかねさんにオフィスを案内していただきます。

b52

エントランスです。

b53

綺麗な受付のお姉さんが優しく出迎えてくれました。

b54

エントランスの一部は東京をイメージされているようです。

赤レンガが東京駅っぽい〜

b02

エントランスを抜けると…

床は緑色、そして東口も発見。まさに、山手線ですね!

b19

ここからは、執務スペース。

現在、日本オフィスでは約100名のサポート・スタッフさんが活躍されているそうですが、カスタマーサービスセンターは世界14ヶ所に、4,500人のスタッフが365日24時間対応しているそうです。65ヶ国の人員で構成されるメンバーは、いずれも英語、およびいずれかの言語に精通したバイリンガルで、計42ヶ国語に対応しているとのことです!

 

世界最大のオンライン宿泊予約サイトを運営しているだけあって、カスタマー・サポートも手厚いですね。

b01

執務スペースはフリーアドレス。

こんな風に、簡単なミーティングができる場所もあります。

b03

使用する椅子や机はオランダから輸入したものだそうです。

b04

執務スペースの壁に、可愛いイラストが。

日本オフィスのイメージだそうです。盆栽や急須が机の上に(笑)。

b12

ちょっとしたリフレッシュスペース。

b11

無料のコーヒーマシンと食器等が洗えるスペースが併設されています。

b10

ファーストエイド!

b07

休憩中に仮眠したいという要望に応え、ファーストエイドという救護室にはリクライニングチェアがありました。

 

会議室名は様々な都市や地域名。

b09

こちらはYOKOHAMA(横浜)。

b13

会議室の壁には、社員さんが撮影したという各地の観光地の写真と会社のロゴマークをあしらった、ディスティネーションウォールと呼ばれるグローバルで統一されたデザインが施されています。

b15

ODAIBA(お台場)

b16

Jorgeさんが1番好きな会議室だそうです!

b17

富士山、城、招き猫…日本らしさを散りばめた壁。

b14

動物のオブジェを置いたリラックススペースは上野をイメージ。

b18

(いい)大人たちも楽しめます〜

b22

三田と。

b23

早稲田。

早慶戦!?

b25

「MITA(三田)」と「WASEDA(早稲田)」はトレーニング・ルームになっています。

b37

執務スペース、ミーティングルーム、トレーニング・ルームを案内いただきました。

楽しかった〜。

 

ここからはリラックススペースです。

b26

渋谷をイメージしたテーブルのレイアウト。

b27

人形のようなものが見えてきました…

b28

「Brad君」ですね!Booking.comさんのカスターマーサービスセンターのイメージキャラクターです。

b46

その反対側は浅草をイメージしたというスペース。

b20

誰もいないとこんな感じ。

b51

ちょうど、松本さんのチームがミーティングをはじめました!

すると…

b47

お誕生日の方がいたみたいで、みんなでお祝い!

みんな、仲が良いですね〜。

b29

こちらは新橋をイメージ。

確かに。サラリーマンが飲んでいる姿が目に浮かびます。

b31

無料で配布されるお弁当!!!

ベジタリアンなどのニーズにも対応。

b33

Jorgeさんもよく利用しているとか。

b32

「おいしいです〜!」

b41

コーヒー類も無料!

 

ここからは秋葉原エリアです。

30

漫画もこんなに充実。

b39

何かしていますね。

b35

楽しそう。

 

リラックススペースは、シフトで決められた休憩時間以外に席を立てない社員さんのために、時間を有効に使ってリフレッシュできるように工夫がされていました。

 

 

すごい…

これぞ、至れり尽くせり。それにしてもなぜ、これほどまでに充実しているのでしょうか。

「2020年の東京オリンピックに向けて、インバウンドの需要がさらに増えることは間違いありません。また、国内旅行で当社のサービスを利用するユーザーも急激に増えています。こうしたニーズに対応するために、宿泊先の登録数をさらに拡大する予定ですし、当然、カスタマー・サポートも忙しくなるでしょう。そのためにも、今後もオフィス環境のアンケートを続けて、より良い環境を提供していきたいと思っています」(松本さん)

 

働きやすさと遊び心満載のオフィスは、まさに、世界レベルのオフィス環境でした!

グローバルで皆さん、イキイキと楽しそうに仕事をされていた姿が印象的です。

 

Booking.comさんが気になる方はコチラ

 

LINEで送る
Pocket