• 2015/10/5

世界中の人に活躍できる場を提供するレアジョブさんの新オフィスを徹底取材!

企業訪問特集
世界中の人に活躍できる場を提供するレアジョブさんの新オフィスを徹底取材!
LINEで送る
Pocket

世界中の人に活躍できる場を提供するレアジョブさんの新オフィスを徹底取材!

 

くまみです。

 

レアジョブさんの新オフィスを取材します。

渋谷から明治神宮前(原宿)に移転されて、内装にもこだわりがあるそうです。

031

本日は、経営企画室 広報チームの荒川佳織さんにご案内いただきます!

018

受付を抜けると、来客スペースが。『Afica』、『Asia』、『Europe』などの世界の大陸や『Pacific Ocean』、『Atlantic Ocean』などの海洋の名前に合わせて、壁紙とじゅうたんと椅子の色が全て違います。

023

こちらは『Africa』。なんか、アフリカっぽいですね。

026

こちらは『Americas』。ニューヨークをイメージしているとのこと。

026

ドアも1部屋1部屋違います。

020

この世界地図。チョーク職人さんが描いたそうで。

近くで見ると、本当にチョークで描かれていてとても驚きましたー!

021

ここでは、スタンディングミーティングも可能。

030

奥には、広々としたイベントスペースも。

ユーザーさんを呼んで、イベントを行ったりすることもあるそうです。

028

ボードには、レアジョブオフィスに来た講師の方々のお写真が!

014

執務スペースもご案内いただきます!

013

レアジョブさんカラーで、なんだか癒されます。

009

変わった形の机。

008

レアジョブさんのロゴですね!

007

食べ物や飲み物も充実。

012

外を見ながら休憩もできる。

オシャレエリア明治神宮前(原宿)なので外を見ているだけで楽しそうです。

004

ファミレス席もある。

006

ここいいなー。

集中して仕事ができそうです。

005

電源も完備。

001

壁にかかっているのは…

『Chances for everyone,everywhere.』

レアジョブさんのビジョン!

 

オシャレなオフィスでした〜。

ミーティングが気軽にできるスペースがたくさんあって、コミュニケーションが取りやすそうです!

 

それでは引き続き、荒川さんにレアジョブさんについてお伺いします。

002

サービス概要と特徴・強みを教えて下さい。

2007 年10月に創業して以来、オンライン英会話サービスを提供しています。

『Chances for everyone,everywhere.』

というグループビジョンのもと、インターネットを通して、日本人だけでなく世界中のあらゆる人々に国境を越えて活躍する場を提供したいという想いでサービスを展開しております。

サービス内容は、1レッスン129円〜のマンツーマンのオンライン英会話サービスになります。

オンライン英会話サービスは、現在100社〜200社ほどあると言われているぐらい非常に多くあるのですが、弊社がはじめた2007年では、いくつかの会社さんが同じようなモデルでやられていたものの、多くはチケット制。レアジョブはチケット制ではなく定額制で、レッスンをする度にお財布が痛まないよう、かつ、サラリーマンの方が飲み会を1回我慢したら、払えるような金額設定(5000円台)で毎日話せるという定額プランをはじめまして、そこから現在までユーザー数を伸ばし、業界の中でNo.1のオンライン英会話サービスに成長しました。

 

強みは、低価格・高い利便性・高品質の3つです。

低価格としては、1レッスン25分で月額5800円と非常に低価格で提供させていただいています。

利便性というところでは、レッスンの開始5分前から予約ができて、時間も早朝の6時から深夜の1時まで対応しているので、思い立ったときにいつでもどこでも受けていただけるようになっています。PCで受けてくれる方が多いのですが、スカイプさえインストールできれば、タブレットやスマホでも受講できるので通勤の帰り道等で、歩きながら受けている方もいらっしゃいますね。予約に間に合わないから駅のホームで受ける方もいるそうです。

高品質というところでは、フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学在学・出身の講師が中心となっていまして全体の約40%を占めています。その数が同業他社よりもに多いです。また、英語力と同時に専門性も高く、機能として提供している「学科検索」で講師の専門分野を検索することができるので、たとえばエンジニアの方であれば、「工学科」などを選んでいただくと、普段仕事で使う内容に沿った会話をしていただくことも可能です。

 

新オフィスはどのようなところにこだわりましたか?

会議室のコンセプトは「5大陸+5大洋」で、ドア・床・ガラス・壁・いす・カーペットと、1つ1つ部屋が違う来客スペースにこだわりがあります。

国籍だけではなく、様々なバックグラウンドやビジョンを持った人たちがいる、というイメージであえて色々な色をちりばめてます。。多様性を弊社としても強調しているのですが、レアジョブを通して、世界の至る所で、活躍する人材が増えるようにという願いが込められています。

 

お気に入りの場所はございますか?

私は、執務スペースにあるロゴのカウンターがお気に入りです。

ロゴのカウンターができたことで、ここをハブに、今まで、あまりなかった立ったままのコミュニケーションが増えたので良かったと思います。直線のスタンドテーブルで横一列に並んでいるとクローズドな雰囲気が出てしまいますが、ロゴのマークが星の形と、曲線になっていることで、多くの人が自然に集まってこれるように感じています。ロゴは、シャイニングスターがモチーフです。

 

レアジョブさんの今後の目標を教えて下さい。

オンライン英会話サービスを英語教育のインフラにしたいと考えています。今までは英会話だったらリアルで会ってお話するという英会話の通学制のサービスがメインだったと思うのですが、大量に話せて、且つコストが抑えられると、オンライン英会話が法人でも学校の現場でも注目され始めています。

たとえば学校ですと、小学校、中学校、大学と既に色んな学校でレアジョブ英会話を導入していただいております。今まではALTと言われるような外国人の教師を1人派遣して、30人の生徒に向かって1:30で授業をしていたので、話せるようになるには圧倒的に話す量が足りないという課題がありましたが、レアジョブは1人1人の生徒さんにマンツーマンで、沢山話す機会を提供することができるので、今までの課題が解決され、導入いただいた学校でも好評です。

オンライン英会話が英語習得の手段としてもっと当たり前となり、レアジョブに入ればみんな話せるようになって出てくるという自動車学校のような存在になれればと考えています。

 

レアジョブさんのホットな話題を教えて下さい。

レアジョブでは2007年からサービスを提供開始し、累計1,500万回以上のレッスン数と、膨大な教育ビッグデータを保有し、教材開発などに活用してきました。先日、これを活用した機能として、ECサイトでおすすめ機能としてお馴染みの協調フィルタリングをベースに「講師マッチング機能」をリリースしました。4,000名の中から自分に合った講師を選びやすくなりました。今後も、オンラインという強みを活かして、リアルタイムにより効果的な学習をユーザーさんに提供していけるよう、サービスの拡充をしてまいりたいと思います!

 

 

荒川さん、ありがとうございました。

 

1回飲み会を我慢したら受けることができる料金設定というところが魅力的です。毎日25分なら無理なく受けられそうですよね〜。

レアジョブさんが気になる方はコチラ

 

レアジョブさんのように、新たな挑戦がしたい方はコチラ!

しろくまバナー(最新)

LINEで送る
Pocket