• 2014/5/9

ライフスタイルが豊かになる! amidusさんの革新的なオフィスに訪問!

企業訪問特集
ライフスタイルが豊かになる! amidusさんの革新的なオフィスに訪問!
LINEで送る
Pocket

ライフスタイルが豊かになる! amidusさんの革新的なオフィスに訪問!

 

くまみです。

 

革新的で面白い事業をやっている会社があるという噂を聞き…

原宿までやってきましたー!

 

受付です。

SONY DSC

リアル・フリートとなっていますが、amidusは「amadana」を展開するリアル・フリートさんから生まれた新しい事業です!

SONY DSC

スマートな空間。

SONY DSC

ディスプレーがオシャレ。

SONY DSC

いちいちオシャレ。

SONY DSC

服まである。

SONY DSC

映像も変化します。

SONY DSC

本たち。

SONY DSC

こちらに並んでいるのは、試作品のようです。

フレームには電気が通っていて、テレビも配線なしでスマートに設置されています。

エアコンなども、壁の一部になる時代がくるかもしれないですね。

 

この発想は新しい!

 

 

 

amidusプロデューサーの田淵淳也さんです。

大手広告代理店勤務の後、マーケティング戦略、コミュニケーション戦略のプランナーとして活動されていて、

これからのマーケティングやソリューションにおいて思うことがいろいろあったそうです。

 

amidusについて、お話をお伺いしました。

リアルフリート様 顔1

持っているのは、自然に持ち運べるバッテリー「W.E.A. BOTTLE」です。

 

amidusについて教えてください!

ニーズやアイディアを取り入れ、生活者も巻き込みながら商品を『共創』の力で編み出す事業です。開発プロセスをオープンにすることで、多くの人が協力してくれる。そこに、もっといい発想もリソースもコミュニケーションも生まれる。

今まで、例えば大手メーカーは、自社で2、3年商品開発に時間をかけて、広告代理店に頼んで大々的に宣伝する、というやり方が一般的でした商品開発にも宣伝広告にも莫大な予算が掛かっていたわけです。

しかし、共感を生むコンセプトを掲げ、オープンに商品開発を進めれば、あとで、大きな宣伝をしなくても共感の輪はソーシャルメディアなどを通じて広まっていくので、コミュニケーションにかけるお金が必要なくなる。もちろん、今までの企業のやり方が悪いと言っているわけではなく、こういうやり方もあるということをamidusが提供したいと思っています。

 

新商品の「W.E.A. BOTTLE」について教えて下さい。

「W.E.A. BOTTLE」はペットボトル型のバッテリーです。容量としては、iPhoneで約12回分、タブレットで約3回分、電気毛布で約8時間。重量は750〜800gと軽量です。

これからますますスマート化が進み、様々なアイテムが電化していく流れで、そうなると必然的に“電気”どうするの? ってなります。世界中で今、バッテリーのソリューションが注目される中、我々は独自の切り口でバッテリーを捉えたわけです。

そもそもバッテリーの形状は、スペックを追求して機能価値を高めていこうとすると、四角い形だったりカード型だったりします。ボトル型ですと、実は無駄な空間が結構あり、作り手側からするとものすごく非効率。

しかし、我々はこのボトル型こそが効率的と考えます。なぜなら、世界中にペットボトルが存在し、車や自転車、映画館、野球場などどこにでもドリンクホルダーが設置されているから。

持ち運ぶということを考えたとき、このボトル型は非常に便利というわけです。

 

バッテリーを外に持ち出す? 例えばどんな使い方がありますか?

キャンプをしいている人からはよく「欲しい!」という声を聞きます。キャンプ以外でも、PCを使ってカフェで仕事をする時にも便利です。最近カフェには電源が用意されていますが、いつもいっぱい。どうしても電源が欲しくてカフェ巡りした人も多いのではないでしょうか?

水にも強いので、雨の中自転車のボトルケージに装着して走ることも全く問題ないですよ!

 

あとは、スポーツ観戦にも最適だと個人的には思います。私もよく行くのですが、ナイターで18時頃から野球を観ようとした時、そのぐらいの時間帯には充電がないということはおおいに考えられます。写真を撮ったり、シェアしたりしたい時に充電がないのは残念です。また、ちょっと寒いときに電気毛布なんかを使えたら最高です。

ちょうど、球場の座席にはドリンクホルダーがあるので、貸し出しサービスとかあったら便利ですよね。

 

SONY DSC

amidusの拡張性は?

今、ものづくりの概念そのものが変わってきていると我々は考えています。

以前は、全産業のうち「製造業」が経済を支えていました。しかし今、「サービス業」が主流になっています。

色々なものに変革をもたらしたのがスマートフォンです。スマートフォンはハードそのものには価値がありません。外部企業やクリエイターが参画できる余白が設計されていて、アプリやネットワークのサービスがハードに乗っかってくる。そのアプリやネットワークのサービスバリエーションによって、ユーザーにとってのスマートフォンの利用価値があがるのです。

 

amidusもバッテリーそのものに価値はありませんが、ライフスタイルの一部に取り入れることで使い道はどんどん増えていきます。外で電気が使えないのは当たり前と思っていたけれど、外で電気が使えるようになればもっと自由な発想ができます。

どんな使い方ができるのか、どんなシーンで役立つのかユーザーの声を取り入れながら、色んな企業と手を組み、バッテリーがそこにあることによる体験価値を高めていきたいと考えています。

amidusは既存のものにとらわれず、「こんなものがあればかっこよくない?」「こんなものがあればよくない?」と声をあげて、ライフスタイルやものの在り方の再提言を行っています。

 

日本に言う環境を作る。言いやすい場を作るというのがamidusでもあります。ベンチャーなので、大企業ができない失敗も請け負いますよ。

 

 

SONY DSC

amidusは販売していますか? もし販売しているのであれば…発展途上国に電気を…なんて壮大な夢も…?

まだ販売はしておりません。実は試作品です。ステータスとしては、開発中で、この段階でクラウドファンディングで盛り上げていこうとしています。しかし、この秋ぐらいには販売予定です。発展途上国に…というのも素敵なテーマだと思いますし、実現できればうれしいです。

世界中で当たり前の存在になって欲しいと考えています。

 

 

なんだか心が豊かになってきました。

せかせかしていた自分は一体なんだったのか…

 

なければ創ろう! 一緒に創ろう!

ベンチャーだからこそ自由に開発パートナーと組めるし、リソースを集めるにはクラウドソーシングやクラウドファンディングがある。ものを創るというハードルは意外にも低いのですね。

 

 

さて。

新しい発想に心が豊かになったところで…

美人プランナーの佐藤愛子さんも加わります。

リアルフリート 顔2

仲良さそう〜!! 一緒に考えるのも楽しそうですね。

 

 

最後に。

 

先日公開されたばかりのコンセプトムービーです。

ぜひ、サウンドをONにしてください! 心が豊かになりますよ~

amidusさんは、商品の開発プロセスをオープンにすることで、企業、人、モノを繋げています。オープンにすることで、賛同する人から様々な協力を得て、新しいライフスタイルを提供しています。

「コミュニケーション」「スマート化」は今の時代のキーワードで、今後はamidusさんのような、イノベーティブな企業が世界を変えていくのだなと感じました。刺激的な楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございます!

amidusさんとの共創。皆様も考えてみてはいかがでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket