• 2015/7/6

世界中の経験・知見が循環する社会に。サーキュレーションの新サービスflexyとは!?

企業訪問特集
世界中の経験・知見が循環する社会に。サーキュレーションの新サービスflexyとは!?
LINEで送る
Pocket

世界中の経験・知見が循環する社会に。サーキュレーションの新サービスflexyとは!?

 

ゆいです。

今回は、独立ミドルプロフェッショナル「ビジネスノマド」とシニアエグゼクティブ「顧問」の日本最大規模の専門家ネットワークを活用し、実動型の経営支援、コンサルティングを行うサーキュレーションさんの新サービス『flexy(フレキシー)』を取材します。

 

お話いただくのは新サービスの開発者であり、執行役員の村上亮太さんです。

アップ3

大学院卒業後、ボストンコンサルティンググループに就職し4年半ほど勤務。その後、奥様と1年半かけて世界一周。帰国後、何社かベンチャー企業を手伝う中でサーキュレーション代表に出会い、理念に共感。共にサーキュレーションを立ち上げたというユニークなご経歴をお持ちです!

 

flexyとはどのようなサービスなのでしょうか?

flexyは、これまで常勤・常駐が前提となっていた、フリーエンジニア・デザイナー向け案件に、週1日稼働やリモートワークなどの新しい働き方の選択肢を提供するマッチングサービスです。

 

flexyの特徴を教えてください。

特徴は3つあります。

1つ目は、これまでのサービスに比べ「時間」と「場所」という点で自由が利くことです。既存のサービスは、常勤・常駐で仕事することを前提としたものが大半を占めていますが、flexyでは、週1日から働ける案件や、リモートで働ける案件をご紹介する事が可能です。サービス名の由来は、「flexible」(フレキシブル)です。

flexyでは、複数社での同時稼働、自宅勤務も可能な案件を揃え、フレキシブルな働き方を応援します。

2つ目は、オープンスペースを使えることです。flexyの案件で稼働している期間は、東急不動産が運営しているビジネスエアポート4箇所(丸の内、東京、品川、青山)のオープンスペースを自由に使うことができます。

ビジネスエアポートは、空港のラウンジをイメージした作りで、Wi-Fi・電源が完備されている上、とにかく綺麗です。丸の内のスペースでは皇居を見ながら働けるので、実際にビジネスエアポートで働いている我々もモチベーションが上がりますね。東京にはシャワールーム(有料)がついていますから、皇居ランした後にシャワーを浴びて仕事をすることも可能です。また、各拠点の中にあるライブラリは、主要新聞を始め、ビジネス・経済系の書籍を中心に揃えてあり、とても充実しています。

3つ目は、企業から直接、経営に近い本質的な課題解決のお仕事をご依頼頂いていることです。サーキュレーションは既存の事業で経営者向けにサービスを提供しているため、間に仲介の会社を挟むことがありません。結果として上流の、単価が高いお仕事をご紹介することができます。

アップ2

flexyはどのような想いから作られたのでしょうか?

サーキュレーションは「世界中の経験・知見が循環する社会の創造」をビジョンとしています。主軸の事業として、独立して働く若手のプロフェッショナルや、大企業の元役員を経験したシニアの方を3000名集め、彼らの経験や、専門的な知見を多くの企業の課題解決に活用するサービスを展開しています。これまでエンジニアやデザイナーの方は対象にしてきませんでしたが、スキルを磨いた優秀な方々にも、同時に複数社で働く選択肢を提供し、エンジニア/デザイナーの方が持つ経験・知見を循環させて行きたいという想いで企画・開発しました。

もう1つ付け加えると、業界ではエンジニアやデザイナーがとにかく不足しています。今後、海外の優秀な人材の流入や、自動化が進んでいく中で、優秀なエンジニア・デザイナーは企画やマネジメントといった仕事を多く経験し、より経営に近いところで力をつけていくべきだと考えています。そして、実際そういう仕事に絞れば、週5日も一社に張り付く必要がないんですね。一社あたり週1〜3日で十分なんです。将来的に海外との競争力をつけていくためにも、上流の案件に注力する形で、flexyを展開していきたいと考えています。

 

現状の手応えと課題を教えてください。

サービスは今年5 月18 日にローンチしたばかりなので、手応えについては正直これからです。

エンジニアやデザイナーの登録状況でいうと、サービス開始から1か月で、100名以上の方にご登録いただいております。facebookやtwitterといったSNSからサービスを知って登録する方が多いですね。今後はイベント開催なども行って更に認知度を上げていきたいです。

企業サイドについては、これまでも「優秀なエンジニアを探している」という声は多く頂いていましたが、flexyだからこそできる価値提供のあり方を探っていきながら、サービスをブラッシュアップしていければと考えています。

 

登録者数の目標はございますか?

年内に1,000名の登録者を目指していますが、多ければ良いわけではありません。企業側のニーズに、登録者のスキルが合致するかが重要なので、両者がうまくマッチするような形でサービスの質をあげていきたいと考えています。

 

flexyの今後の展開を教えてください。

今後は、エンジニア・デザイナーの方、あるいは企業のニーズを把握しながら、サービスをブラッシュアップしていきつつも、会社としてのビジョンは見失わずに展開したいですね。

将来的にやりたいことは2つあります。

1つは、既存事業とのコラボレーションです。経営・事業開発に専門性を持つ「ビジネスノマド」や「顧問」と、flexyのエンジニア・デザイナーとのチーム組成により、より多角的な支援につなげて行きたいと思っています。

例えば、これまでオフライン/オンライン事業のいずれかに閉じていた企業が、「IT×リアル」という領域に展開しようとすると複合的な課題を抱え始めます。我々は事業面のエキスパートも抱えているので、そこの掛け合わせで新規事業立ち上げ等の支援ができると考えています。

 

もう1つはコミュニティを作ることです。フリーランスの方は基本的に1人で活動していますが、学習面でも、対処できる案件規模の面でも、やはり1人でできることは限られています。

flexyでは、フリーランス同士のチーミングを行ったり、人材育成のサイクルが回っていくようなコミュニティを作っていきたいです。

必ずしもエンジニア同士である必要はなく、エンジニアとデザイナー、事業企画者とエンジニア等の掛け合わせでコミュニティーができれば面白いと思います。

全身2

サーキュレーションさんが目指すものを教えてください。

我々が目指すのは、「世界中の経験・知見が循環する世界」です。経験・知見をどうやって「循環」させていくかというところが焦点になってくるのですが、現状は、弊社のコンサルタントが経営課題を定義し、適切な専門性を持つ方を提案するという、オフラインでの活動をメインで行っています。オンライン/オフライン、それぞれ良し悪しがありますが、今後はもう少しオンラインでの「循環」の可能性を見ながら、地方や海外など物理的な距離を越えた、より広い範囲で経験・知見が循環していくような仕掛けをしていきたいですね。

 

社内の雰囲気を教えてください。

設立メンバーは、元経営者、投資銀行出身、戦略コンサル会社出身、人材会社出身など様々なバックグラウンドを持つ人材が揃っています。その後集まってきたメンバーも、各業界のトップコンサルタント・セールスですが、ビジョンの達成に向けて、情熱を持ち、全員一丸となって働いています。

メンバー全員が仕事に真摯に取り組んでいますが、遊ぶときはとことん遊びます。定期的に行われる社内イベントでは、ものすごくはっちゃけますね。まだまだどベンチャーですし、営業出身の人間が多いので、元気でにぎやかな雰囲気です!

オンオフがはっきりしている会社ですね。

イベント写真

サーキュレーションさん特有の社内イベントはございますか?

半期に1回、合宿を兼ねて社員旅行をしています。この前は、冬の時期だったので温泉合宿旅行に行きました!今年の夏は、伊豆大島にいく予定です。社員旅行では絆を深めるためのコンテンツを企画しています。

また、毎月末に全員が集まって締め会をやります。そこもコンテンツ盛りだくさんです。社内のコミュニケーションの一環として様々なイベントを締め会の中で行っています。

例えば、先日は、「社内で誰がいちばんモテるか?」というテーマで街頭インタビューを行い、ムービーを作成しました。(笑)イベントも精一杯やりますよ!

 

 

サーキュレーションさんを取材して。

徐々に色んな働き方が出てきていますが、1人だと孤独、単価が安い…といった悩みもあると思います。

フレキシブルな働き方が可能かつ、快適な環境で高単価な仕事ができるというところでflexyはとても注目度の高いサービスではないでしょうか。

 

サーキュレーションさんが気になる方はコチラ

 

 

サーキュレーションさんのように、新たな挑戦がしたい方はコチラ!

しろくまバナー(最新)

LINEで送る
Pocket