• 2014/9/22

渋谷にこんなインターナショナルな会社があったの!? Gengoさんのオフィスランチに潜入!

企業訪問特集
渋谷にこんなインターナショナルな会社があったの!? Gengoさんのオフィスランチに潜入!
LINEで送る
Pocket

渋谷にこんなインターナショナルな会社があったの!? Gengoさんのオフィスランチに潜入!

 

くまみです。

 

今回は、Gengoさんのオフィス取材に成功。

Gengoさんは名前の通り、翻訳プラットフォームを提供している企業さんです。

社員さんもやはり国際色豊かなのでしょうか…!?

 

早速お伺いします!

 

受付を抜けると…

gengo様

ロゴ発見!

梅内さん1

本日、Gengoさんのオフィスをご案内してくれたこちらの美女は、マーケティングマネージャーの梅内望未さんです。

よろしくお願いします!

部屋

ミーティングスペース。

会議室2

『Communicate freely.』

こちらもミーティングスペース!

Gengoカラーの緑色が穏やかな気分にさせてくれます。

エスプレッソマシーン

エスプレッソマシーン。

エスプレッソ好きの社員さん(イタリア出身)の要望だそうです!

 

執務スペースです!

4

奥のモニターは…

TV会議システムになっていて、頻繁に米国オフィスとやり取りをしているそうです!

Tシャツ

GengoTシャツ。

欲しいなぁ~

社員さん1

瞳がとーっても綺麗な社員さん。

デスク

こちらはCEOのロバート・ラングさんのスタンディングデスク!

オシャレです。

 

それでは。

Gengoさんについて、詳しくお伺いしたいと思います!

 

お話いただいたのは、COOのマシュー・スカルムさん、エンジニアのショーン・スミスさんです!

梅内さん(以下、梅内)にも引き続きお話お伺いします。

マシュー1

笑顔がステキなマシューさんです。(以下、マシュー)

 

サービス内容について簡単に教えて下さい。

梅内「Gengo自体は2008年の12月にできていますが、株式会社として設立したのが、2009年の6月です。東京が本社機能を持っていますが、本当の本社はアメリカにあります。私たちが提供しているのは、翻訳プラットフォームです。クラウドソースで皆さんの翻訳依頼を受けたトランズレーターが翻訳をするので人力翻訳と言われています。

APIとwebからの依頼ができて、24時間対応するので翻訳が非常に早く納品できるのが特徴の1つです。

現在、37ヶ国で61ヶ国言語ペアを提供していて、日本語からでは7ヶ国語(英語、スペイン語、インドネシア語、タイ語、中国語2つ、韓国語)直接翻訳ができて、これからも増やしていく予定です。

お客様は、例えば、手紙を翻訳したい、ツイートを翻訳したいといった一般の方から、tripadvisorさん、楽天さん、Alibabaさんなどの大手企業まで幅広く、日々コンテンツがあがったり、ユーザーレビューがあるEコマースや旅行業界に強いですね。値段は一律なので、スタンダードだと全ての言語が4円からでAPIだと3円からになっています」

 

安さ、速さ、正確さがサービスの魅力の1つだと思うのですが、なぜ、実現できるのでしょうか?

マシュー「いくつか要因があると思っていて、まず1つは、クラウドベースの翻訳サービスなので、世界中に約13,000人のトランズレーターがいるということです。また、自動的に仕事が振り分けられるので、人を介するよりも早く翻訳者の手元に案件が届くため、翻訳者はすぐに翻訳を開始することができます。

さらに、我々は合格率が約7%と非常に厳しい翻訳テストを行っていて、合格しないとトランズレーターにはなれません。クオリティの測定も行っているので、翻訳のクオリティがどのくらいか日々チェックしています。

加えて、シニアトランズレーターというよりプロに近い人たちが日々スポットでチェックしています。トランズレーターのスポットチェックっていうのも、ただチェックするのではなく、コメントも記載できるので、トランズレーターの人たちが育つ環境も整えられています。

 

トランズレーターの満足度を上げるということも重要だと思っておりまして、ほかの翻訳サービスですと支払がされなかったり、期日に遅れたりすることがあるようです。しかし、我々は月に2回きちんとお支払をしており、トランズレーターからも好評をいただいています」

マシュー

今後やりたいと思っていることは何ですか?

マシュー「現在、日本とサンマテオにオフィスが1つずつありますが、それとは別にロンドンにもオフィスを作りたいと思っています。私たちのお客様(企業)の50%ぐらいはヨーロッパのお客様なのでそのヨーロッパを強化する意味で、ロンドンでオフィスをオープンさせることを検討しています。

ただ、日本の市場もすごく重要視していて、だからこそ日本に本社機能があったりするのですが、今後、どんどん認知度があげられるように、営業やPRを頑張っていきたいと思っています。

幸いなことに売り上げが毎年2倍以上になっています。市場にとってニーズがあるということも、日本が翻訳をニーズとして認めていただいていることも嬉しいですね」

 

ショーン1

笑顔がチャーミングなショーンさんです。(以下、ショーン)

 

エンジニア部門で注力していることを教えて下さい!

ショーン「売上が毎年2倍以上になっているぶん、スケールが大きくなっているので、開発速度をあげていくことが課題の1つです。案件が多くなってくるぶん、バグの発生等、様々な問題が起こる可能性が高くなります。それを未然に防ぐためにも、我々エンジニアは信頼があって、かつ、スピード感ある開発に注力しています。

エンジニアの仕事をしていると、言語が変わってしまうこともあります。

これまでは、PHPやPythonといった言語を使用していましたが、最近、Goに移行しました。新しい言語、新しいサービスが出たら、それを習得して、どんどんサービスを変えていくことが重要になってくると思いますし、柔軟に対応したいと思っています」

 

社内の雰囲気を教えて下さい。

ショーン

ショーン「インターナショナルな雰囲気で、ワークライフバランスが大切にされている会社です。

僕はアメリカでずっと仕事をしていて、アメリカの企業でエンジニアとして仕事をしていました。アメリカはグローバルなイメージがあると思いますが、僕が所属していたエンジニアのチームは全員アメリカ人でした。だから、Gengoに入社したときに、インターナショナルさに非常に驚きました。

エンジニアにとっても国際的なバックグラウンドがあるっていうのはすごくいいことで、社内がインターナショナルなのでお客様の気持ち、立場にたってエンジニアリングができるっていうことがメリットです。

ワークライフバランスに関しては、帰りが早いので、プライベートを充実させることができます。18時ぐらいから帰りはじめ、19時にはオフィスに誰もいなくなります。

例えば、プライベートを充実させてプライベートで学んだ言語を仕事に生かすことができます。Goも、実はプライベートの時にいろいろ触っていた言語です。プライベートも大事にすることによってサービスを加速させていくというのが会社のスタンスです」

 

マシュー「インターナショナルな会社やスタートアップって、イメージ的にすごくみんな、私語が多いというか…遅くまで働いてみんなでサークルみたいな感じで仕事するっていうイメージが強いと思うのですが、Gengoは、仕事は本気でやる、遊びも本気でやるという感じなので仕事中は本当に集中して、効率的に仕事をするようにしています。

また、本社のサンマテオとのリレーションも大事にしています。気持ちが離れてしまうことがないように、毎日スカイプなどで顔を見ながら行うスタンドアップというミーティングや、毎週金曜日、こちらもスカイプでオールハンズという全員参加のミーティングを行っています。離れていても気持ちがつながれるようなイベントを開催することに努めています」

 

梅内「隔週の金曜日、オフィスランチという社内制度があるんです。ちょうど、今日がその日なので、くまみさんもご一緒にいかがですか? それと、本日、CEOの誕生日で、みんなでお祝いもすることになっているんです」

 

 

…ということで。

なんと、オフィスランチに参加させていただくことになりました!

ランチミーティング1

こんな風に、ミーティングルームに集まってみんなで食事します。

ここだけ見ると、もはや日本ではありませんね。

DSC_1422

今回はピザー!! 私も美味しくいただきました~。

2

出ました! ケーキ!!

誕生日

ロバートさんお誕生日おめでとうございます!

ケーキいっぱい!!

3人 ゲンゴ様

みんな仲良しです!

ちなみに共通語は英語です。

社員さん2

気軽に話しかけてくれる社員さんばかり!

 

そして!!

梅内様3

Gengo Tシャツ欲しいな~と思っていたら、プレゼントしてくれました!

着心地もバツグンです。

 

 

なんだか、いただいてばかりで…

Gengoさん。ありがとうございます。

 

 

本日、Gengoさんを取材して。

 

インターナショナルさに本当に驚きました。そして、みんな笑顔で楽しそう!

翻訳はどこの国でもニーズがあるので、これだけいろんな国の人が集まっていると、ユーザーの課題を身近に感じることができます。

それが、Gengoさんの強さでもありますね!

 

今後も、コミュニケーションを円滑にしてくれるGengoさんに期待です!

 

 

LINEで送る
Pocket