• 2014/4/10

ドコモさんが、新料金プランと割引きサービスを発表! 概要をまとめました。

ニュース
ドコモさんが、新料金プランと割引きサービスを発表! 概要をまとめました。
LINEで送る
Pocket

ドコモさんが、新料金プランと割引きサービスを発表! 概要をまとめました。

 

NTTドコモは4月10日15時に新たな料金プランと割引きサービスを発表した。国内の音声通話を定額とし、パケット通信のデータ通信量を家族間と同一法人などで分けあえる「カケホーダイ&パケあえる」と長期利用者向けの割引きサービス「ずっとドコモ割」、25歳以下のユーザーが割引対象となる「U25応援割」を6月1日から開始する。

 

【料金プランの概要】

どこも

「ずっとドコモ割」は、長期利用者の割引がうけられる。家族の誰かが長く使っていた場合その割引が適用された状態でほかの家族と通信量がシェアできる。

カケホーダイの通話料金は、月額2700円で、ドコモ同士はもちろん他社や固定電話に何回でも何分かけても、どこにかけても国内通話が定額となる。パケット通信量は家族でシェア可能で、複数端末を所有するユーザー向けプランも用意される。

パケあえるは、複数端末でパケット代を分け合える。パケットパック定額料は大きく「1人向け」と「家族向け」「らくらくスマートフォン向け」「法人向け」に分けられる。

1人向けについてはデータSパックが2GBで3500円、データMパックが5GBで5000円となっている。家族向けについてはシェアパック10・15・20・30が用意されており、それぞれの数字に合わせた10GBで9500円、15GBで1万2500円、20GBで1万6000円、30GBで2万2500円となっていて、家族で10回線までシェアできる。

 

【新料金プラン 主なスペック】

スペック

らくらくスマートフォン向けには、これまでのらくらくスマートフォンユーザーの利用動向から、利用可能データ量を大きく制限して価格を抑えたものとなっている。200MBの利用可能データ量となっており、料金は2000円。家族間のシェアは不可能となっている。

法人向けには「ビジネスシェアパック」として提供し、ビジネスシェアパック10~3000まで18プランを用意する。最大3000GBを1000回線まで共有することができる。

 

これまでの料金プランに比べてお得!!

スマホ1台の利用料は、データ通信料金と合わせると最安で月5900円となり、現在の一般的な利用料(8000円強)より2000円以上安くなる。2台目はデータ量を1台目と共有できるため、最安で2500円から持てる。

新プランの提供に合わせて、スマートフォン向けに提供しているXiの既存プランについては、8月末をもって新規受付を終了する。フィーチャーフォン向けのFOMAプランについては、引き続き契約できる予定。

IP電話アプリに対してドコモは「通信キャリアとしての高い品質があり、緊急電話も具備している。ユーザーに見直してもらうきっかけになれば」と述べている。

 

家族でパケット代が分け合えるというのは、国内初です! これを機に、家族で契約しちゃう!? なんて会話にもなるかもしれませんね~(そうなると、ますます契約数の増加が期待できるというわけですか)

低価格を強調した新料金の導入で契約数の回復は図れるでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket