• 2016/6/7

美女流!お仕事図鑑 ~サイバーエージェント 福地美咲~

美女流!お仕事図鑑
美女流!お仕事図鑑 ~サイバーエージェント 福地美咲~
LINEで送る
Pocket

美女流!お仕事図鑑 ~サイバーエージェント 福地美咲~

 

美女流!お仕事図鑑。

今回は、サイバーエージェント Ameba統括本部 広告部門(MDH)マネージャーの福地美咲さんにお話をお伺いしたいと思います。

CA top 05

ご経歴を教えてください。

2011年にサイバーエージェントに入社をしました。インターネット広告事業本部で営業として、ファッションEC系のクライアントのダイレクトマーケティング、大手食品/飲料クライアントのPR・ブランディングを2年半担当しました。2012年にマネージャーに昇格し、その後、Ameba事業の広告部門へ異動。ゲーム、Eコマース、大手メーカーなど幅広いクライアントのプロモーションを担当しました。広告開発からセールスまで一気通貫して行い、担当販路に対してのセールス責任者を務めながら、事業部メンバーの育成にも携わっています。

 

Life/Businessのパーセンテージを教えてください。

比率を敢えて表すと、Life40%、Business60%で、気持ちの面でBusinessのほうが少し多い気がします。

もともと仕事は好きですし、日々、情熱を注いで仕事をしているので、例えば、土日が楽しみで仕方ないということはないですね。LifeもBusinessもあまり切り分けずに、全部合わせて楽しんでいる感覚が強いです。

 

入社したきっかけを教えてください。

「どんな仕事をしたいか?どういう職業に就きたいか?」という軸と、「自分がどうありたいか?どう働きたいか?」という軸の2つで就職活動を進めていたのですが、1番合致したのがサイバーエージェントでした。

1つめの軸においては、元々広告業界に興味があったので大手広告代理店を中心に受けていました。最初は、総合広告代理店の方が色々なことができると思っていたのですが、会社が何でもできるからといって自分も色々なことができるというのは違うと就職活動中に感じて、何かの領域に特化してその中で幅広い経験をしていく方が、女性のキャリアとしても良いのではないかと思うようになりました。サイバーエージェントであれば、インターネットに特化していたので、その領域の中で全てのことができる一人前の広告代理店の人間に早くなれるのではないかと思い、最終的に入社を決めました。

そして2つめの軸では、社員にもたくさん会って話を聞いて、自分らしくアグレッシブに働けそうだと感じたことが大きいですね。

fukuchi 03

福地さんにとって仕事はどんな存在ですか?

一言で表すと、仕事は「とても楽しいもの」です!

なくてはならない存在であり、チャンスが溢れている場所。そして、自分の存在意義を大いに発揮できる場所だと捉えています。

 

これまでの人生で印象的だった出来事はありますか?

社会人になる少し前に、就職活動のアドバイスをしていただいた尊敬する先輩に教わった言葉があります。それは、「どんな物事や事象も、全部自分のせいだと思う」ということ。この考え方が心に響き、それ以降、仕事においても「他責にしない」ということを意識できるようになりました。

仕事の中ではもちろん、「なぜあの人は動いてくれないのだろう」とか、「もっとこうして欲しい」と思うことは山ほどあるのですが、それをそのまま感情や行動に出してしまうと何も進まないんですよね。

そんな時は、そういう状態を作ってしまっていることに、自分に非はないのだろうかと、自分のことを客観的に見るようにしています。そうすることで、特にチームで何かをするときやプロジェクトを進めるときに、すごく上手くいくようになったと思います。

何かあった時に、「じゃあ自分はどうなのか?」とまず最初に自分に問うこと。そういう考え方を持つようになったことで、自分自身すごく変わったと思っています。

 

仕事術を教えてください。

もともと私は、能力が突出して優れているプレイヤーではありませんでした。そんな中で、自分がマネージャーという立場で、ある分野において自分よりも能力が高い人たちとチームになったときには、何を任せて何に期待をしているかを明確に伝えるようにしています。また、それぞれのメンバーの強みが活かせるようなミッションにしています。

自分が何かに突出していないぶん、上手く人をまとめて、全体で1つの大きな成果を出すということが、意識しているポイントです。

 

モチベーションを維持する方法を教えてください。

私、モチベーションに変化がないんです。

良くも悪くもずっと同じ状態で走ることが出来るというのが強みかもしれません。モチベーションに波を作るよりも、常に90%にする方がよっぽど大事だと思っています。

ではなぜモチベーションが常に一定なのかというと、常に短期的な目標を設定しているからだと思います。

ずっと同じ仕事をしていると、単調になるタイミングが誰しもあると思います。私は入社以来、様々なポジションやプロジェクトを任せていただきましたが、それでもその状態に飽きてくることもあります。そういう時は、今、どういう動きをすれば、より成長できるかを考えるようにしています。

やっていることは一緒でも、考え方や目指す視点を変えればより成長できると思うんです。例えば、今私はマネージャーですが、「今月は局長の目線で仕事をしたりメンバーと話したりしてみよう」と意識するといったことです。

 

上手くいかなくて落ち込むことはないですか?

家に帰ったら毎日反省しますし、日々悩みは尽きません。仕事は楽しいことばかりではなく、辛いことや苦しいことも多いじゃないですか。でも、基本的に寝れば元気になります。

モチベーションと、辛いことや苦しいことはあまりリンクしないんですよね。

仕事はやって当たり前だし、自分に任された責任があるので、それを遂行したいと思っています。辛いという感情があっても仕事に対するモチベーションは変わりません。

何よりも、少なからず私についてきてくれているメンバーがいるので、モチベーションが落ちたと言って仕事に支障があっては絶対にならないと思っています。もともとポジティブではあるのですが、よりポジティブな思考や行動を心掛けています。

 

プライベートの時間を教えてください。

犬を飼ったので、犬と一緒に遊んだりドライブしたりしています。

もともと、私は昼夜問わず仕事をしていて、平日はもう少し健康的な生活ができる時間に家に帰りたいと思って犬を飼いはじめました。犬がいるから必然的に家に早めに帰るようになり、仕事とプライベートのバランスが取れてきたかなと思います。

fukuchidog

仕事をすること、働くことをどのようにお考えですか?

仕事は1日の大半を占めているので、やりたいことをやった方が良いと思っています。あとは、チームのメンバー全員が同じ目標に向かって走ることができていることが、働く上ですごく重要だと思っています。

今の環境はそれがどちらもできているので、すごく恵まれていると感じています。

fukuchi 02

将来の夢を教えてください。

私はずっとサイバーエージェントで仕事を続けたいと思っています。会社の中で、これからも引き続き大きな挑戦をしていきたいと思いますし、私といえば「会社でこういうことをやった人」という風に代名詞のように言える仕事をしたいです。

例えば、現在は営業数字を目標にしているので、「この販路の過去最大の実績を作った」とかでも良いですし、もう少し大きなところで、「Amebaの抜本を変えた人」とか、そんな仕事を、将来的にも追求していきたいなと思います。

結婚しても子供を産んでも仕事をしたいと思っているので、私らしい方法で会社に貢献していきたいと思います。

 

自分らしく働きたい方へのメッセージをお願いします。

誰でも強み、弱みがあると思いますが、それを明確に意識して仕事をすると良いと思います。特にサイバーエージェントの場合、チームで仕事をすることが多いので、自分1人で何かを成し遂げる必要はありません。

自分はここが強いけど、こういうところは頼ろうというようにチームで補い合って達成していけば、自分も組織全体も上手くいきます。何より、自分らしく働くことができるのではないでしょうか。

 

–本日取材させていただいた福地さんが所属するサイバーエージェントさんについて–

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンのもと、インターネット広告事業、メディア事業(Ameba)、ゲーム事業の3本柱で、あらゆる事業を展開しています。

Amebaブログをはじめ、AbemaTVAWAなどのこれまでにない新しいサービスで注目され続けています。

 

 

 

io

 

LINEで送る
Pocket