• 2016/3/30

美女流!お仕事図鑑 〜Booking.com 荻原美佳〜

美女流!お仕事図鑑
美女流!お仕事図鑑 〜Booking.com 荻原美佳〜
LINEで送る
Pocket

美女流!お仕事図鑑 〜Booking.com 荻原美佳〜

 

美女流!お仕事図鑑。

今回は、Booking.com(ブッキング・ドットコム)の荻原美佳さんです。

 

−ご経歴を教えてください。

高校在学中のアメリカ留学がきっかけとなり、グローバル教育に力を入れる早稲田大学国際教養学部に進学することにしました。大学在学中はスペインに留学し、ヨーロッパを中心に30か国以上を旅行しました。卒業後、楽天株式会社に就職し、2年間の勤務を経て、Booking.comに入社しました。

 

−Life/Businessのパーセンテージを教えてください。

Life 70% Business 30%です。Lifeは旅行で充実しています!

出張で海外に行く機会が多いので、その機会を利用して観光も楽しんでいます。オランダに本社があるのでヨーロッパに行くことが多いですね。

出張以外でも有給をとってよく旅行に行っています。Booking.comは世界中に支社があるので、同期も世界中にいるんです。しかも、みんな旅行好き!おすすめの場所を教えてもらえるのでもっと旅行を楽しめます。

 

−旅行会社勤務とあってやはり旅行好きな荻原さん!おすすめの旅行先はどこですか?

マダガスカル島の上にあるセーシェル諸島です。静かで海がきれいな素敵な場所です。

travels

本当に海が美しいですね!

travels2

こちらはモナコでの1枚。

 

−Booking.comさんに入社したきっかけを教えてください。

志望していたトラベル業界であることと、以前からサービスを利用していたことがきっかけで転職先として考えていました。

入社の決め手は、面接がすごく楽しかったことです!

日本語で面接と聞いていたのですが、いざ行ってみたら外国人の社員が2人座っていて(笑)。

英語面接の準備は全くしていなかったため本当にびっくりしましたが、準備していなかったことで逆に自分らしく話せました。面接担当の方もとても魅力的で、面接という堅い形式ではなく、自然に会話が盛り上がって楽しめました。

ここで働くことになれば彼らと同じチームになると聞いて、一緒に働きたいと思ったのが大きな理由ですね。

 

−現在の仕事内容を教えてください。

営業を担当していて、パートナー宿泊施設様の対応が主です。

営業といっても何か物を売りに行くようなものではなく、コンサルティングに近い仕事をしています。パートナー施設様と一緒に、どうすればもっとお客様に喜んでいただけるのか、販売を伸ばしていく事が出来るかを考えています。

 

−営業のお仕事はご自身にとってどのような存在ですか?

自分から希望して営業の仕事についたのですが、実は、それは営業が苦手だったからです。

前職ではマーケティングの業務を担当していて、その中でアライアンス営業を行うこともありました。でも、私は全然うまくできなくて。周囲がとても優秀だったので、上司に助けてもらうことが多く、甘えていたと思います。

そんな自分を変えようと思って、いまの会社では営業を希望しました。

仕事を通じて相手と交渉する力がつきました。また、答えが必ずしもひとつには絞れないような問題に直面したときに、論理的に物事を考えることができるようになりました。

ogiwara14

−今のキャリアのきっかけとなった出来事があったら教えてください。

スペイン留学中にずっと旅行していたことがきっかけになっていると思います。当時は毎週末ヨーロッパ中をバックパッカーとして旅していました。

それがあって旅行がとても好きになり、仕事として旅行業界を選ぶきっかけになりました。

 

−旅行の魅力はどんなところでしょうか?

新しいものに出会えるところと、美味しい食べ物を楽しめるところですね。新しい人や街に出会うと発見があります。もっといろんなところに行ってみたいです。

あと、食べることが大好きなので旅行先で美味しい食べ物を見つけるのも楽しいです。

 

−仕事のモチベーションはどうやって維持していますか?

やっぱり旅行です!(笑)

旅行先で親切にしてもらえると嬉しいですよね。自分がそういう経験をすることで、お客様にも同じように幸せな経験をしていただきたいという思いが生まれて、仕事のモチベーションもアップします。

また、実際に自分が旅行先で体験したサービスを営業先の日本の施設の方にも提案するなど、具体的な形でも役立っています。

ogiwara9

−荻原さんにとって「働く」とはどのような存在ですか?

お金をいただきながら学べる場所ですね。

嫌なことはありつつも、それを乗り越え様々なことを学ぶことができるという点では学校と同じかなと思っています。学生の頃は授業料を払って学びますが、今はお金をいただきながら学んでいるという点が違いがありますね。もちろん社会人として、与えられた職務をしっかりこなした上でのことですが。。。

お金をいただいていることで仕事への責任は強く感じていますが、社会人になってからのほうが自分の成長をより実感しています。

 

−荻原さんの夢を教えてください。

海がきれいな島を転々として暮らしていくことです(笑)。

これから30年くらいかけて老後どの島に住むか探していきたいです。

やっぱり私の人生のポイントは旅行ですね。

ogiwara2

荻原さん、ありがとうございました!

 

−本日取材させていただいた、荻原さんが所属するBooking.comさんについて−

ホテル・旅館等の宿泊施設に関する世界最大のオンライン宿泊予約サイトを運営するBooking.comです。日本国内の宿泊施設登録数は、7,800軒。グルーバルで86万軒が登録されており世界最大。2016年時点で第1位となっている。

 

 

LINEで送る
Pocket