• 2015/10/13

Ready × しろくまnet合同企画!秋枝 未来さんの仕事観 Vol.29

美女流!お仕事図鑑
Ready × しろくまnet合同企画!秋枝 未来さんの仕事観 Vol.29
LINEで送る
Pocket

Ready × しろくまnet合同企画!秋枝 未来さんの仕事観 Vol.29

 

美女流!お仕事図鑑は、Ready × しろくまnet合同企画です。

第29弾は、トレンダーズ株式会社 Corporate Div. 経営企画グループ 広報 秋枝 未来(あきえだ みき)さんです。

akieda1

Life/Business のパーセンテージを教えて下さい。

Life30%、Business70%です。

気持ちとしては仕事とプライベートをバランスよく50%、50%にしたいのですが、どうしても仕事の比重が大きくなってしまいます。子どもが生まれるまでは仕事が95%でした。

人生の中で比重は常に変わることを実感中です。

 

仕事の比重が大きくなり、病児保育を利用する時などは、子どもに申し訳なく思うこともあります。でも、私が仕事をがんばっている姿を見て、「ママおしごとがんばってえらいねー」と娘が言ってくれて。それが、本当に励みになっています。

 

仕事と家庭の両立はいかがですか?

仕事と家庭の両立は本当に大変です。でも、とても楽しく、今が一番幸せだって感じる日々です!

毎日があっという間に過ぎ去っていく、というぐらいバタバタしている感じがありますが、そもそも、私が仕事にのめり込んでしまう性格なんです。例えば、出産する前まではほとんどが仕事で良かったですし、それが楽しかったのですが、出産後はどうしても子どもが中心になります。まだ、1歳と2歳なので、1人でお留守番もできないので目が離せないんですよね。大変さはもちろんあるのですが、以前はお休みの日も仕事をして、プライベートの中でも仕事を考えてしまいがちでした。でも子どもが生まれてからは、いい意味で子どもといる時は仕事のことを一度忘れられて、オンとオフの切り替えが上手くできるようになり、それはそれで充実した日々を送れているなと感じています。

 

仕事内容を教えて下さい。

会社初の専任広報としていわゆる広報業務を担当しています。

具体的には、メディアアタック、プレスリリースの配信、社内報、自社SNS運営などですね。採用活動の支援なども行っています。

広報と言っても、業務内容は幅広いので、会社、社員にプラスになることは、全て私の仕事だと思っていますし、全部私の仕事にしたいという気持ちで日々過ごしています。

 

まずは、トレンダーズという会社をもっと知ってもらいたいですし、トレンダーズに興味を持ってもらうことが目標です。

トレンダーズはこれまでクライアント様のマーケティングPR支援をメインで行ってきましたが、最近は訪日外国人観光客向けメディア「ZEKKEI Japan」、ギフトマッチングサービス「Anny」、ゲーム実況に特化した動画プラットフォーム「プレイム」など、自社メディア事業にも力を入れています。

先ほども、会社初の専任広報とお伝えしましたが、私よりも会社について、業界について詳しい社員はいます。でも、私が広報になったということで、いつも求められていること、一番良いことは何かを考えるように心がけています。

理解のある会社とメンバーばかりなので、結果で返していきたいなと思っています。

akieda2

モチベーションを維持するために心掛けていることを教えて下さい。

辛い時は大変な方を選ぶようにしています。その方が結果楽しいと思って。

今の仕事は、業務の幅が広く、毎日刺激がいっぱいなので、仕事をすること自体がモチベーション維持に繋がっていると思います。

あとは、やはり、子どもと家族ですね。子どもと家族がいるから頑張れます!

 

仕事の中で心掛けていることを教えて下さい。

子どもが生まれる前は、夜遅くまで仕事ができたので、後でやればいいや、このボリュームだったら後でまとめてやろう、ということも多かったのですが、今はその後がないですし、できれば子どもと長く過ごしたい。だからちょっとでも時間があるなら、全部一気にできなかったとしても一旦は取り組むようにしていますね。前だったら10分しかないから後でやろうという気持ちだったのですが、今は10分もあるから、これとこれをやろうというように効率的に仕事をしています。

朝、出社した時点で一日の業務のだいたいのイメージもできています。帰るまでにこれとあれはするというように取捨選択をしていますね。

仕事は9-17時で1時間だけ時短勤務にしていて、家では常にお母さんなので、1人の時間は通勤と休憩の時間のみです。なので、仕事でインプットしたいことは通勤中や休憩時間にしています。例えば、社内報のインタビュー録音をイヤホンで聞きながら帰宅し、原稿の構成を考えたり、お昼の時間に本屋で立ち読みして、会社や社員に良さそうな企画を探したりといったように時間を上手く使うことは心掛けていますね。

akieda5

夢を教えて下さい。

会社に興味をもってくれる人を1人でも多く増やしたいですね。

トレンダーズで働いていると言うと、みんなにいい会社だねと言われる。私だけでなく社内のメンバーも嬉しいと思ってくれると思います。

 

しろくまnetでは、秋枝さんの仕事観についてご紹介しました。秋枝さんのライフスタイルについては、Readyをご覧下さい。

 

−本日取材させていただいた秋枝さんが所属するトレンダーズさんについて−

トレンダーズは2000年の設立以来、マーケティング会社として累計1200社を超える幅広い業界の企業様に、リサーチからプロモーションまであらゆる領域におけるマーケティング支援を行っています。

マーケティングとテクノロジーの融合により、常に最新のマーケティングソリューションを開発すると同時に、特定の領域に特化した、バーティカルメディアの開発・運営も行っています。

 

自社メディア

・ZEKKEI Japan http://zekkeijapan.com/

・Anny magazine http://anny.gift/

・Anny now http://xtw.me/XyZI2kx

・プレイム https://plaim.jp/

・SOCIAL TREND NEWS http://social-trend.jp/

 

−Readyについて−

Readyは、ライフスタイルが多様化する25歳〜32歳の女性向けWebメディア。

指針となるロールモデルの女性をインタビュー記事で紹介し、様々な情報を取捨選択して、自分自身のライフプラン・進む道を作り上げる一つの手段として活用できます。

 

−しろくまnetについて−

しろくまnetは株式会社ブライツ・アンド・カンパニーが運営するインターネット業界向けの情報メディア。ブライツ・アンド・カンパニーではインターネット業界に転職したい方の支援も行っています。

転職相談したい方はコチラ!

しろくまバナー(最新)

LINEで送る
Pocket