• 2015/9/17

Ready × しろくまnet合同企画!ギルベル 三佳さんの仕事観 Vol.27

美女流!お仕事図鑑
Ready × しろくまnet合同企画!ギルベル 三佳さんの仕事観 Vol.27
LINEで送る
Pocket

Ready × しろくまnet合同企画!ギルベル 三佳さんの仕事観 Vol.27

 

美女流!お仕事図鑑は、Ready × しろくまnet合同企画です。

第27弾は、VSNのギルベル三佳(ギルベル・ミカ)さんです。

giruberu10

Life/Businessのパーセンテージを教えて下さい。

Life50%、Business50%。欲張りなのでどちらにも全力です。

結婚を機に生活のリズムは少し変わりましたが、ワーク・ライフ・バランスが保たれるように日々、過ごしています。

 

入社したきっかけを教えて下さい。

VSNはエンジニアの特定派遣を行っている会社です。VSNを含む技術者派遣業界は一般派遣と異なり、まだまだ認知度は低いのですが、同じスタイルで働く多くのエンジニアは日本のテクノロジーを支えていると自信を持って言えます。

特定派遣なので、一つのお客さま先で長期的に就業するよりも、さまざまなお客さまのところで業務遂行するケースが多く、就業先によって業務内容も変化していきますし、一緒に働く仲間も変わってきます。そういった環境の中でスキルを磨きながら常に新しい挑戦ができることに、大きなメリットを感じました。

また、VSNのビジョン「バリューチェーン・イノベーター」にも大きな魅力を感じたことも入社の決めたきっかけでもあります。このビジョンを私も体現していきたいという想いで、毎日仕事に取り組んでいます。

 

「特定派遣」とは派遣元が雇用する正社員を企業へ派遣することで、「正社員型派遣」ともいいます。 この場合、企業との派遣契約が終了しても派遣元と社員の雇用関係は継続します。

※「バリューチェーン・イノベーター」とはエンジニアを、お客さま先へ派遣し、単に技術提供を行うだけではなく、お客さまの事業課題を主体的に発見・解決していくVSN独自のコンサルティングサービスです。

 

なぜ、エンジニアになろうと思ったのですか?

前職は外資系の保険会社で受付業務をしていました。受付の仕事も毎日楽しく、やりがいもありましたが、業務の幅がどうしても狭くなってしまうので、もともと好きだった英語を活かして何か専門性の高い技術を身につけたいな、と考えました。今の時代「IT」は将来的にも私たちの生活に切り離せない分野だと思い、それをきっかけにエンジニアになろうと決意しました。

 

今の仕事はご自身にとってどのような仕事ですか?

世界各国に支店がある企業で、全ての業務システムを刷新して統一するというプロジェクトチームのメンバーとして、現在、仕事を行っています。

その中で、システムのテストとローカライズ業務、また、実際にそのシステムを使うお客さまへのマニュアル制作がメインの仕事になります。

今の現場は外国人メンバーも非常に多く、毎日英語でコミュニケーションを取っています。異なる文化・考え方を持つ方々と一緒に仕事をしているので、日本人が持つ固定概念や考え方を第三者視点から教えてもらえることが多く、毎日多くの気付きがあって、とても刺激的です。そういった環境の中で毎日とても楽しく過ごしています。

guiruberu9

もともと英語を使った仕事がしたかったのですか?

受付だった時も、外資系企業でしたので英語を使う機会はありましたが、それほど外国の方もいらっしゃらないので頻度は少なかったです。今は、会話も資料もメールも英語を使うので英語漬けの毎日、それだけで幸せです。

 

モチベーション維持のために心掛けていることを教えて下さい。

常に心掛けていることは、「何事にもまずは挑戦する」ということです。

今は「やりたい」という意欲があれば、多くのことに挑戦できる環境があります。VSNの組織にはチーム・その上にユニットという組織構造があり、それぞれにリーダーの方々がいますが、本当に一人ひとりのことを真剣に考えてくれています。「今はこういった業務を担当しているけど、今後はこういった方向に進みたい」とか「こういう分野の技術を習得したい」といった意見をきちんと聞いてくれて、一緒にビジョンを描きながらキャリプランを具体的に考える手助けをしてくれます。自身の意欲さえ高ければスピーディに成長していける環境なので、とにかく今は振り返らずに挑戦することを大切にしています。

giruberu3

仕事をすること、働くことをどのようにお考えですか?

今は非常に多くの方々と一緒に仕事をしています。

さまざまな考え方を持つ方々と関わり、時には避けられない衝突もあります。そういった中で技術だけでなく、“人との関わり”を経験しながら学び、成長していける仕事だなと思っています。

現在はグローバルな環境で働いているので、自分の中にある常識がすごくちっぽけに思えるといいますか、周りに視野を広げてもらうことばかりで、非常に恵まれた環境だなと思っています。

 

夢を教えて下さい。

エンジニアというと男性のイメージが強いと思います。私も「エンジニアをやっている」と周囲に話すと、非常に驚かれるのですが、数年前と比較すると企業のCTO(Chief Technical Officer・最高技術責任者)として活躍されている女性も増えているので、「この業界でも多くの女性が頑張って活躍できているぞ!」と、夢は大きくなりますが業界を牽引していけるような存在になれるよう、技術スキルもコミュニケーション能力も「挑戦」を続け、高めていきたいと思っています。

 

しろくまnetでは、ギルベルさんの仕事観についてご紹介しました。ギルベルさんのライフスタイルについては、Readyをご覧下さい。

 

−本日取材させていただいたギルベルさんが所属するVSNさんについて−

IT・情報システム、メカトロニクス、エレクトロニクス、バイオ・ケミストリーの4分野で、国内に8拠点、2,600名を超える正社員エンジニアを擁する技術系人財サービス会社です。株式会社VSNのWebサイトはこちら

 

−Readyについて−

Readyは、ライフスタイルが多様化する25歳〜32歳の女性向けWebメディア。

指針となるロールモデルの女性をインタビュー記事で紹介し、様々な情報を取捨選択して、自分自身のライフプラン・進む道を作り上げる一つの手段として活用できます。

−しろくまnetについて−

しろくまnetは株式会社ブライツ・アンド・カンパニーが運営するインターネット業界向けの情報メディア。ブライツ・アンド・カンパニーではインターネット業界に転職したい方の支援も行っています。

 

転職相談したい方はコチラ!

しろくまバナー(最新)

LINEで送る
Pocket